高校中退したら人生アウト…なんてことを思っているあなたへ

5月 1st, 2015

高校中退も選択肢の一つです。
このことをまず理解しておかないと、この後の展開についていけないかもしれません。
高校に入学して、そして卒業するのもまた一つの道。
みんながみんな、全員この道を歩いて行かないといけないということはありません。他の道を選んで歩いていく、生きていくのもまた一つの選択だということをしっかり把握して生きていきましょう。
高校中退してもまだまだ様々な道があります。
多様性きわまる人生。
正解はありません。あなたが選んだその選択肢こそが正解です。焦らず選択肢を模索しながら人生の長い旅路を歩いていきましょう。
人生は時々、旅に例えられます。時に迷いながら、自分の旅の到達点を目指しましょう。
旅の到達点は「死」ですが、このゴールにたどり着くときには幸せを感じていたいですよね。


高校中退したからこそ得られるもの

高校中退した人には、高校中退していない人が手に入らない経験を得ることができるでしょう。
それは高校を中退したということです。
そのことですでに違う道を歩んだという事ですから、そこでじたばたして普通の道に戻ろうとなんか思うことなく、しっかりと自分なりの生き方を選んで進んでいくことが大切なのではないでしょうか。
例えば空いた時間で何かを練習する。
お金を稼ぐための労働の時間に空いた時間をあてる。
高校中退しても問題なく編入できる通信制高校を探してみる。
その人生は高校中退した人にしか歩くことのできない人生。
しっかりと前を向いて、顔を上げて生きていきましょう。


人生にそもそもアウトなんてない

どんな人生が幸福なのかなんてその人にしかわからないと思いませんか?
正解の人生なんてありません。
どんな人生だったとしてもそれは良いこと。
そのことを自分で認めてあげられるかどうかが大切です。
自己肯定という言葉がありま。社会的にまっとうだとは思えないとしても自己をどのように肯定してあげられるのかが重要です。
高校中退を選んだのはしょうがない、それも自分。通信制高校を選んだとしても、それも自分。
そんな風に思うのは確かに難しいかもしれませんが、大切なことです。何があったって、どんな選択をしたって自分は大丈夫。そう思っていましょう。


人の助けを求める

高校中退して不安ならば人の助けを求めるのも良いでしょう。あなたに親身になってくれるその人に相談してみて、適切な行動を選びましょう。
一人では出せない答えも誰かを頼ればすぐに解決することができるでしょうから、できればたくさん知識を持っている大人に相談してみるのが良いでしょう。