高校中退で抱えた問題も相談出来る通信制高校

1月 15th, 2015

通信制高校にはとても様々な環境や問題を抱えた生徒の方々が沢山在席しています。そして月に2度や年に2度など決まった日に登校し先生との面談を用意している通信制高校もあります。高校中退後学校に通いたくないのに何故わざわざ学校に行かなければならないのかという気持ちになる方も沢山いらっしゃいます。
そこで今回は通信制高校の通学制度と、その制度がある理由についてご紹介致します。


●学校に通うことが高校中退からの卒業

通信制高校の通学制度は各学校によって異なり、夏と冬に1度ずつという学校や2週間に1度ずつとしている学校ととても種類が沢山あります。どの学校を選ぶかによって通学のスタイルは異なりますが、基本的に全てが在宅で終わるという学校は少なく、生徒さんと顔を合わせてカウンセリングをする時間をほぼ全ての学校が設けています。
在宅で学べるというのが通信制の魅力でもありますが、ただ単位を取得して高卒の資格を取得してそれで終わりではありません。資格を取得してから先の人生を考えたら、学校にいる内に人に慣れて社会に出られるようにすることが自分にとって一番有意義な勉強なのです。
通信制の学校にはカウンセラーの資格を持っている先生が在籍しており、通信制の勉強について・個人的な悩みについてなど、内容に関係なく色々な物事について気軽に相談をすることが出来ます。


●通信制高校だからこそ通学も必要

部屋の中でレポートを提出して単位を取得すれば良いという考え方が通信制高校での一般的な考え方ですが、何故高校中退になったのかという根本的な原因があるのであれば、それを解決しなければその生徒の方の生活は潤っているとは言えません。
高校中退を期に外に出ることが怖いというのであれば通信制の登校日を利用して身体を慣らして欲しい。人間関係で中退し他人と接することが怖いというのであれば、通信制の先生と登校日に話をする時間を設けて人と過ごす時間に慣れて欲しい。通信制高校の登校日にはこのような目的があるのです。

登校日があるからと通信制を毛嫌いせずまずは自分の将来についてきちんと向き合ってみましょう。自分を変えたいと今思うことが出来なくても、今の自分を変えることが出来るのは今の自分だけなのです。通信制の学校はいつでも門を開いて待っています。高校中退をしたことよりも今後自分に何が必要なのかを考え、高校を卒業し今後の自分の生き方を整えていきましょう。

高校中退から選ぶ通信制のコースとは

1月 15th, 2015

様々な通信制高校がある中でコースを選ぶとなるととても悩みが出て来ますね。高校中退後一念発起して通信制高校で学びの時間を設けようと思っても、どのコースが自分に合っているのか絞りこむのはいささか骨が折れます。

そこで今回は数ある通信制コースの中から自分の性格に合ったコースを選び出す方法についてご紹介致します。


●高校中退後何をしても楽しくないという方へ

人間関係が理由で高校中退をした方は外に出ることも億劫になったり今まで好きだった物事に対する興味が薄れたりと意欲が激減してしまいます。そこで今何を見ても楽しくない、何が好きなのかわからないという方に是非やって頂きたいことがあります。

【用意するもの】
紙とペン

上記の二つを用意したら、まず紙の中央に「自分」と書いてください。その後自分を中心に矢印を2~3本伸ばし、伸ばした矢印の先に自分から連想する言葉を書いてください。その言葉から更に矢印を伸ばし、さらにその言葉から連想出来る言葉を書きましょう。

この方法は自分と繋がる思いもよらない世界を新しく発見することが出来る方法です。矢印の先には自分とは結びつかないような言葉が出て来ますが、それは本来の自分と「繋がっている」言葉です。その言葉から導き出される分野についての本を読むと、よりはっきりと自分にも出来ることが浮かんでくるのです。


●自分の興味がある分野を絞り込む

連想された分野が沢山ある場合にはその分野を箇条書きにしてまとめてみましょう。通信制高校では高校中退でも中学校卒業でも関係なく、様々なコースを用意して待っています。まとめた分野に沿ったコースのある学校を選び、まずは資料請求をしてみましょう。通信制をけんとうするならこちらを参考にしてみてはいかかがでしょうか?⇒高校中退ガイド

高校中退しても考え方次第で何度でもやり直せる

11月 10th, 2015

高校を中退してしまって後悔しているという方も多く見られます。
中には高校中退したから人生がダメになってしまう、なんて考えている方も居るようですね。高校を辞めてしまったから自分の人生がダメになってしまうというわけではないです。ですから、そんなに大きな事としてとらえる必要はありません。高校中退してしまっても人生が終わってしまうという事はないですし、考え方によってはプラスにとらえることも可能です。もう二度と高校に通う事が出来ないのかというと、そうではないのです。高校を一度辞めてしまったからと言って、もう二度と高校に通う事が出来ない訳ではなくて、きちんと学べる環境があります。それが通信制高校です。こちらの学校は全日制高校を中退してしまっている方が通える学校です。もちろん、中学校を卒業してそのまま進学するという事も可能です。もう一つの選択肢として、高卒認定試験というものがあります。短期間で高校卒業資格が取得できますが、全ての科目に合格しなければならないため、独学では非常に難しいと言われています。自分に適している方を選択してみて下さいね。


高校中退しても高校卒業資格は取得できる

高校を中退してしまっても、通信制へ通えば高校卒業資格を取得することが出来るとお話しました。
通信制高校への入学は春・秋の年二回となっているケースが多いのですが、編入や転入はいつでも可能となっています。3年間通い続けてレポート作成・スクーリング・特別活動などこなしていくことで、確実に高校を卒業することが出来ます。特に難しい事はないのですが、自己管理することが苦手だという方には不向きかもしれません。自学学習がメインになるため、自己管理が出来ないのであればサポート校への同時入学を検討した方が良いかと思います。高校中退したからこそ出来る事や経験することもあります。マイナスにとらえずにポジティブに物事をとらえていくようにしましょう。働きながらでも通えるようになっていますから、先生と相談しながらスクーリングの予定を立ててみてはいかがでしょう。


逆に周囲との差をつけることも出来る?

最近では、専門学校で習うような分野について学べる通信制も出てきています。
本来であれば専門学校などで技術や知識を習得していくのですが、通信制高校で学ぶことが出来るので周囲との差をつけることが出来ます。将来の夢を持っている方は、専門分野を学ぶことのできる高校を選ぶ事で、夢に一歩近づくことが出来るので非常に嬉しい事です。ただ高校生活をやり直して卒業するのではなくて、何か目的を持つのもおすすめです。通信制は、高校中退した時の選択肢として考えている方がまだまだ多いです。しかし、周囲との差をつけるために中学校を卒業してから通信制へ進学するという方も現在では増えているのだとか。考え方次第によって、大きく変わってくるという事なんですね。

高校中退したら人生アウト…なんてことを思っているあなたへ

5月 1st, 2015

高校中退も選択肢の一つです。
このことをまず理解しておかないと、この後の展開についていけないかもしれません。
高校に入学して、そして卒業するのもまた一つの道。
みんながみんな、全員この道を歩いて行かないといけないということはありません。他の道を選んで歩いていく、生きていくのもまた一つの選択だということをしっかり把握して生きていきましょう。
高校中退してもまだまだ様々な道があります。
多様性きわまる人生。
正解はありません。あなたが選んだその選択肢こそが正解です。焦らず選択肢を模索しながら人生の長い旅路を歩いていきましょう。
人生は時々、旅に例えられます。時に迷いながら、自分の旅の到達点を目指しましょう。
旅の到達点は「死」ですが、このゴールにたどり着くときには幸せを感じていたいですよね。


高校中退したからこそ得られるもの

高校中退した人には、高校中退していない人が手に入らない経験を得ることができるでしょう。
それは高校を中退したということです。
そのことですでに違う道を歩んだという事ですから、そこでじたばたして普通の道に戻ろうとなんか思うことなく、しっかりと自分なりの生き方を選んで進んでいくことが大切なのではないでしょうか。
例えば空いた時間で何かを練習する。
お金を稼ぐための労働の時間に空いた時間をあてる。
高校中退しても問題なく編入できる通信制高校を探してみる。
その人生は高校中退した人にしか歩くことのできない人生。
しっかりと前を向いて、顔を上げて生きていきましょう。


人生にそもそもアウトなんてない

どんな人生が幸福なのかなんてその人にしかわからないと思いませんか?
正解の人生なんてありません。
どんな人生だったとしてもそれは良いこと。
そのことを自分で認めてあげられるかどうかが大切です。
自己肯定という言葉がありま。社会的にまっとうだとは思えないとしても自己をどのように肯定してあげられるのかが重要です。
高校中退を選んだのはしょうがない、それも自分。通信制高校を選んだとしても、それも自分。
そんな風に思うのは確かに難しいかもしれませんが、大切なことです。何があったって、どんな選択をしたって自分は大丈夫。そう思っていましょう。


人の助けを求める

高校中退して不安ならば人の助けを求めるのも良いでしょう。あなたに親身になってくれるその人に相談してみて、適切な行動を選びましょう。
一人では出せない答えも誰かを頼ればすぐに解決することができるでしょうから、できればたくさん知識を持っている大人に相談してみるのが良いでしょう。

家を教室にする高校中退ならではの学び方とは

1月 15th, 2015

高校中退を決意した経緯については人それぞれであるため一概に言いきれるものではないのですが、高校中退を余儀なくされる方の理由は学校でのいじめが半分を占めています。学校で普通に生活をしていたのに心の悪い人間に目を付けられ集団生活すら過ごすことが出来なくなってしまう。そんな状態になったのは自分自身のせいではありません。
自分に合った最適な環境が学校に無かっただけです。

ここでは自分の家で自分のために自分の時間を使う通信制高校の授業についてご紹介致します。


●通信制高校で自分のための学びを

通信制高校では様々な環境の方々が学んでいるため、色々な学び方から自分に合ったコースを選ぶことが出来ます。家にいる状態でパソコンを通して授業を受けることも出来ますし、単位を取るためにレポート提出を滞りなく済ませれば最短期間での卒業を目指すことも可能です。通学も年に2回のみという少ない登校数を設定している通信制高校もあるので、自分の気持ちに沿って学校選びをすることが出来るのです。


●高校中退から再度高校生へ

高校中退後に家にいるだけでは、まさにいじめて来た人間の思う壺です。いじめをする人間はその行為そのものを知らずに行っている場合もありますし、故意にその行為を行って楽しんでいる場合もあります。そのような人間にいいようにされたままたった一度しか味わうことが出来ない人生を棒に振るなど、とんでもありません。
高校を中退した後でもその気になればいつでも再出発が可能なのです。

家の中にある自分の部屋。自分の自由な空間をそのまま自分だけの教室にすることが出来るのは通信制高校ならではのスタイルです。自分の生活に合わせて学校を選び、自分のための人生を生きましょう。

高校中退から高校卒業へ

1月 15th, 2015

学歴よりも実務経験重視の視点に変わって来たとはいえ、資格取得条件には未だに高校卒業以上という条件が入っている世の中。今後自分が欲しいと考えて受験したいと思っても高校中退の壁が立ち塞がってしまいます。せっかくのやる気を消滅させてしまうそのような壁は、しっかり根こそぎ取り除いてしまいましょう。
今回は通信制高校で高校卒業の資格を取得する方法についてご紹介致します。


●通信制講座で高卒認定試験を受ける

通信制講座では高卒認定試験専用のコースを用意しているところも沢山あります。正式名称を高等学校卒業程度認定試験というこの試験は受かれば高校卒業者と同等以上の学力があると認められるものです。資格の欄にこの資格を記入することで応募資格が高卒となっている企業や資格試験にも履歴書を送付することが出来るようになります。自分に自信を取り戻すことが出来るとてもおすすめの資格です。


●通信制高校卒業で高校中退の履歴書に高卒と書く

高卒認定試験は履歴書の資格欄に書くことは出来ますが、学歴の欄は高校中退のままとなります。学校を卒業したのではなく卒業した方と同等以上の能力を有するということを示す資格なので、学校を卒業したという資格ではないからです。そこでおすすめなのが通信制高校をしっかり卒業するという道です。通信制であれば毎日通学することもなく自分に合ったやり方で学習することが出来るので、無理矢理周りに合わせて学校に通うということをせずに高校卒業の資格を得て履歴書も最終学歴が高卒にすることが可能なのです。

高校中退をして自分に自信がないと考えている方も自分に高卒レベルの学力があるということを明示するだけで、砕けた自信を再構築することが出来ます。自分の中にある力を存分に引き出すためにも高卒認定試験や通信制高校での学びをおすすめします。

高校中退だからこそ出来る編入制度

1月 15th, 2015

学校内の生活の中で嫌な思いをしたり家庭の事情だったりと、世の中には学校を辞めて高校中退となる方がとても沢山いらっしゃいます。お金の面や人間関係のトラブルで学校を辞め家に引きこもってしまった状態、自分の人生は今しかないのに、そのまま時間を無駄にしては幸せになることは出来ません。
ここでは勇気を出して学びに再チャレンジしてもらえるよう通信制高校の編入制度についてご紹介致します。


●高校中退でも再度学校にチャレンジ出来る

高校中退ということは学校に席はないため、再度学校に入学したいと考えていても転入をすることは出来ません。そこでおすすめの仕組みは通信制高校の編入制度です。編入とは中退するまでの単位や成績をそのまま引き継ぎ別の学校でその状態からスタートを切ることが出来る制度で、通信制でもその制度を設けているところはとても沢山存在しています。
中退を決意するまでの自分の努力を活かすことが出来るおすすめの制度です。


●通信制高校ならではの随時受け入れ

他の全日制高校は入学時期として4月や10月を設定していますが、通信制高校は随時生徒の方々を募集しています。それは生徒数が少なくてあくせくしているからではなく、通信制であり単位制であるという仕組みで入学に対して柔軟に対応することが出来るからです。通信制高校は決断したらその気持ちを薄めることなくすぐに入学することが可能なのです。

今学校辞めて今後について悩んでいるのなら、是非通信制の高校を視野に入れてみてください。自分にしか歩くことが出来ない自分の人生の道を、高校中退だから諦めなければならないということなど絶対にないのです。